大之木ダイモ

なぜ軒の出を深くしているのですか?

日本は世界の年間平均降水量の2倍近い雨が降る雨大国です。

建築物の外壁が劣化する原因のうち、最も大きいのは雨水による腐食であり、昔の家は軒を深くすることに

よって外壁面に雨がかからないように工夫していました。

深い軒は夏の強い日差しを遮る効果もあります。夏を涼しく過ごしたり、建物の耐久性を高めるためにも、

軒はできるだけ深くしたいものです。

od0624__002