戸建てのリノベーション/S様邸

戸建てのリノベーション/S様邸

リノベーションと言っても、色々なパターンがあります。
都会に多いパターンとしては、新築をお考えだった若いご夫婦が、街なかに新たに中古マンションを購入されて自分たち仕様にカスタマイズするリノベーション。
私たちの本拠地である呉では、どちらかというとご両親が住まわれていた家を、世代交代でリノベーション。。。が多いように思います。

今回のS様も後者。
ご両親と2世帯住宅にして住まわれていたRC造の戸建て住宅を、2階に住まわれていた子供世帯のご夫婦が1階で暮らすためのリノベーション。お子様たちも成人されて手が離れたこともあり、1階を目いっぱいご夫婦のために改修いたしました。

実はS様邸は内装だけでなく外回り・外構も大きく改修いたしましたが、外回りは個人情報漏洩にもつながりますので、内装施工例のみの掲載とさせていただきますね。
・・・・・・・・・・・・・
RC造ということで、大きな梁がたくさんあり、リビングとダイニングの間には段差もあり、更に取り除けないコンクリの壁もありました。

段差は、大人数が集った時に腰かけられる「サンクンリビング」に利用しました。
 ※サンクンリビングは、大之木ダイモの新築チームがご提案しているリビングのスタイルです。
  詳しくはコチラをご覧ください。⇒サンクンリビング

After

IMG_1029
IMG_1018
この度のS様邸では、プラン・内装をはじめ家具・カーテンまでトータルコーディネートをさせていただきました。
取り除けないコンクリの壁は控え目な輸入のレザー調ビニールクロスを張りアクセントに。
IMG_1107
IMG_3616 のコピー
アクセントクロスのリビング側にはソファを作り付けてご主人の特等席に。
この真上にも電球の色を切り替えできる照明を取付け。
ちょっぴり眼が弱っているご主人が読み物をされるときは、手元のスイッチで白い光に切り替えできます。
もちろん、スマホの充電用に手元コンセントも。

壁のほとんどは弊社がオススメする自然素材スイス漆喰のカルクウォール塗りです。
カルクウォールについてはコチラ
IMG_1109

キッチンはシンクとコンロが分かれたセパレートタイプ。
コンロは壁に面していますので、油散りが気になりません。
IMG_1048
シンクキャビはアイランドスタイルですので、LDK全てが見渡せます。
IMG_1053
シンクキャビを囲んでダイニングテーブルとカウンター。
IMG_1045

 
IMG_3645
シンクキャビの前に伸びたカウンターは、玄関から入った正面に見えます。
そこでアイキャッチとしてこの2脚だけイタリアのインテリアブランドcalligarisのポリカーボネート製saint tropez。
光が透けてキラキラしています。
ここで朝食や軽食を。
IMG_3634
ちなみに、コンロキャビの奥は、ピッタリに作り付けたレンジ台。
1段引き出しの下はワゴンに収まったゴミ箱。
その右奥にチラっと見えるのはパントリー。
IMG_1035
プランとしては大きく変わったというわけではありませんが、余計なラインを極力減らしたスッキリデザインです。
梁に仕込んだ間接照明で、天井を照らしていますので、開放感が感じられます。

IMG_1101
リビングの隣には、奥様好みの和モダンスタイルの和室。
正面をグレーのアクセントにして勾配部分には網代クロス。
スッキリした印象に仕上げるために、押入れや地袋の扉はシナ合板のフラッシュ戸で両開きに。
枠も見えないような工夫をしました。
IMG_1102
8畳プラス床の間・地袋で、実際より広く感じます。

トイレはご主人のコダワリです。
広さを取って、手洗いはゲストにも使っていただける洗面台に。
IMG_1076
ご家族用洗面室
IMG_1088

寝室
IMG_1060

WIC
IMG_1063
IMG_1066
IMG_3640
LDKの一角に、2匹のワンちゃんのお部屋も。

S様邸リノベーション。
キッチンやダイニングにいる奥様の周りに、家族・ワンちゃんたちが集まってくるようにプランさせていただきました。
この度S様にはたくさんの信頼をいただき、デザインに対する思いを尊重してくださり、そのほとんどをお任せくださったこと、本当に感謝しております。

ここでS様ご一家が集い、毎日を楽しく笑顔で過ごされることを心から願っております。