戸建てリノベーション/N様邸

0929daimo-0015

感染症で自粛が続き、大勢でのパーティや外食がしにくくなりました。
でも、気の合う仲間たちとの交流は大切にしたい。
そんなN様・・・ご主人の思いから、今回のリノベーションは始まりました。

とは言っても、いつでもゲストをお招きできるように家の中を準備しておくのは奥様にとっては大変なこと。
できるだけ負担なくお招きできるよう、ホームパーティーの場としてバルコニーへテラスを作られました。
0929daimo-0009

となると、気になるのは室内の動線。そしてリノベーションとなったわけです。
今回のプランのご要望は、
●バルコニーとの動線を考慮。
●使用されていた玄関収納、室内ドアや家具・照明器具やカーテンを再利用したい。
●「木」のアクセントがどこかに欲しい。
●以前施工した物件の、玄関を開けたらガラス張り・・・の、開放感を出したい。⇒N様邸施工事例
●人をお招きする家にしたい。
●奥様は、グランドピアノC7を置きたい。お茶をするためのタタミコーナーが欲しい。

これらのご要望を元にプランを考えました。

まず、バルコニーとの動線。
飲み物や料理などスムーズに運べるよう腰窓を掃き出し窓に変更、バルコニーに一番近い位置へキッチンを移動。
パーティーが落ち着いてじっくり飲む…とか、気候が厳しい時は室内で・・・
そういう時はリビングへ…という動線を考慮して玄関からすぐの位置にリビングを。

ただ、ゲストによっては家族ぐるみの集まりではない場合や、
状況によってはご家族は席を外されることもあるかもしれない。
そういった場合でも、気配を感じられる距離感と、ご家族のプライバシー空間も大切と考えました。

そこでプライバシー空間としてダイニングを一番奥へ配置。
空間としてLDKはワンルームですが、天井の高さや床の段差、腰壁を利用して空間を区切りました。

・・・・・・
Before
IMG_6005
IMG_5999
IMG_3450

 

IMG_3439
IMG_3435
IMG_3437
IMG_3431

・・・・・・
After (画像クリックで大きく表示できます)

0929daimo-0002
ガラス張りで開放感を演出。
今まで奥の部屋に追いやられていたグランドピアノを正面に持って来て、フォーカルポイントにしました。
このガラスの前を通ってお手洗いに。(ホームパーティのゲストが部屋を通らずに行けるようにしました。)
その際、室内やご家族が丸見えにならないようガラスの大きさやピアノの位置で配慮。
0929daimo-0006
玄関収納や室内ドアなどは再利用。それに合わせて床はブラックチェリー。
0929daimo-0004
0929daimo-0003
最小限、2畳のタタミコーナー。奥様のお茶用に。
0929daimo-0025
障子はおじい様の時代に使用されていた物。
0929daimo-0005
0929daimo-0015
玄関からLDKへ入ったところ。正面には構造上必要なコンクリの柱がありましたので、「木」をタイルのように加工して張り、アクセントにいたしました。
0929daimo-0016
リビングの床が既存の床の高さです。
掃き出し窓があったため、あえてここで段差をつけて腰かけられる「サンクンリビング」にしました。

0929daimo-0012
リビングのコーナーのみ床が一段下がり、天井も上げて化粧梁を取付。同じ空間ですがなんとなく区分けされているのが分かりますか?
0929daimo-0013
奥様の嫁入り道具のグランドピアノ。今まではその大きさから、奥の部屋に押し込められていましたが、これからは中心に。
0929daimo-0018
ご結婚されてからずっと使われている家具、マルニさんの地中海シリーズ。キッチンもこの家具のシリーズのように見せたいと考えました。
0929daimo-0017
家具もカーテンも、シャンデリアも、再利用です。
0929daimo-0019
奥の掃き出し窓の向こうがテラスのあるバルコニーです。
0929daimo-0020
0929daimo-0021
0929daimo-0034
マルニさんの地中海シリーズの家具に合わせたデザンと塗装。
0929daimo-0049
フタガミの真鍮のブラケット。マルニさんの家具の雰囲気に合わせて曲線の柔らかなデザインに。
LDKぱーす変わり種

N様邸リノベーション。
この度は信頼してお任せくださったこと、本当に感謝しております。
ここで一生懸命ゲストを接待されるN様と、一緒に楽しみながらサポートされる奥様、お二人の姿を想像しながらプランいたしました。

ここでN様ご夫婦が大切な家族や仲間たちに囲まれて、笑顔で楽しい毎日を過ごされますよう、心から願っております。