外装リフォーム / 時期

アイコン

塗料の劣化の大きな原因は紫外線。
でも毎日少しずつ劣化するから、正直住んでいる当人にはわかりにくいものです。
まずは、下記のような症状がないか、確認してみてください。
・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・
①外壁にひび割れがある →→→→ 雨水が構造部分まで侵入してしまいます。
②外壁を触ると手が白くなる →→ チョーキング→防水効果が薄れてきています。
③外壁塗装が剥がれている
④カビ・コケが生えている
・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・

塗装 症状

 


●外装の修繕時期 外壁の種類によって修繕時期が変わります目安にしてみてください。

外壁
○塗装目安 約7~8年
 窯業系サイディングボード・・・セメント質と繊維質が主な原料。最近多く使われている。劣化してくると、外壁を手でこすると白い粉がつく(チョーキング)・褪色等。

○塗装目安 約10~15年
 金属サイディングボード・・・・・スチールやアルミニウムなどの金属鋼板。表面材の塗膜が傷ついたところを放置すると赤サビが発生し、そこから腐食。
 モルタル吹き付け・・・・・・・・・劣化により防水性能が低くなると、ひび割れや塗膜が膨れて剥離、カビやコケが発生。
 ALC・・・・・・・・・・・・・・・・コンクリートを軽量気泡化した外壁材。チョーキングや褪色。

屋根
○塗装目安 約7~8年
 スレート系(カラーベスト)・・・10年以上経過すると汚れやコケが付いたり褪色が目立つ。劣化が進むと割れや反りが見られる。

○塗装目安 約10~15年
 セメント系・・・・・・・・・・・・・塗膜の劣化が進むと素材のセメントの劣化も進む。褪色・割れ

○塗装目安 約20~30年
 粘土系・・・・・・・・・・・・・・・・寿命が長い。色落ちもほとんどないが、瓦を固定する漆喰が剝がれるとズレる。また、コケや雑草が生える。

○塗装目安 10~20年
 金属系・・・・・・・・・・・・・・・・劣化すると板金を止めている釘の浮きや屋根材の割れ・反りが起こる。一度サビが発生するとどんどん浸食してしまう。


 


まずは自分で簡単チェック♪
外壁劣化調査診断

 


塗替え時期が来ていたら・・・・

塗料のページにジャンプ♪(画像をクリック)
塗装


外装リフォームTOP
HOME


大之木ダイモでは、外壁・屋根劣化診断を無料でいたします。診断後は報告書を作成いたします。お気軽にご依頼ください。お気軽にご相談ください。
メールでの問い合わせ、屋根外壁診断のご依頼はコチラ
大之木ダイモ リフォーム部
電話番号のコピー

呉本店ショールーム・広島支店への来店のご予約はコチラ(画像をクリックすると「来店予約」フォームへジャンプします)
来店予約のアイコン