カーテンのリフォーム/遮熱レース

s-DSCF4615

遮熱ガラスや内窓.。
そんな”リフォーム”までいかなくても、もっと手軽に日射を遮る方法はないのでしょうか?
でも、遮光カーテンのように完全に光を遮るのも・・・・。
そんな時、「遮熱レース」はいかがですか?

もちろん、根本的な解決ではありませんので、目に見えるような効果は得られないかもしれませんが、今より少し、快適になるのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・
帝人さんが開発した「凉しや」という繊維。
・人体に影響のない特殊な金属酸化物を封入したポリエステル繊維を使用。
・金属酸化物により太陽の熱を反射し、室内温度の上昇を抑える遮熱効果を発揮。
・繊維間のスキマが少なく反射効率が良い。
「凉しや」は普通のレースカーテン対比約2度の遮熱効果。
・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・帝人さんHPより

普通のレースとどの程度違うものかちょっと実験してみました。
(あくまで簡単な実験ですので参考までに・・・)

普通のレース・・・透け具合もご確認ください。
s-DSCF4604

帝人「涼しや」使用の遮熱レース。・・・すごく目が詰まってます。
s-DSCF4603
設置したのが午前10時頃。

そして15時半頃。
左側が遮熱レース/右側が普通のレース

s-DSCF4615
床への日の当たり具合がずいぶん違います。
s-DSCF4654

●温度
普通のレース・・・・33度。
s-DSCF4646
遮熱レース・・・・32度。
s-DSCF4645
今回の実験の結果、温度の差は1℃。

ただ90㎝の窓を半分ずつ、丈30㎝程度の小さいサイズのサンプルでの実験です。
それでも1℃の差が出るということは、大きい窓、部屋全体で考えると結構差が出てくるのではないでしょうか。
ちなみに、湿度も微妙に違っていました。


●湿度
普通のレース・・・19%くらい。
s-DSCF4650
遮熱レース・・・21%くらい。
s-DSCF4652
ちょっとだけ湿度が高いので感覚的にヒンヤリ感じるかも。

 

たった1~2℃程度の差です。
が、伴って湿度もちょっと違えば、体感温度としてはずいぶん涼しく感じるかもしれません。
UVカットで、床材や家具などの日焼けもちょっと違うでしょうし、エアコンの効きも良いかもしれません。
レースなら手軽に交換できるので、プチ☆リフォームとしていかがですか??


ただ、レースとしての「透け感」はほとんど無いようなので、ちょっと閉塞感は否めないかもしれません。そのあたりのメリット・デメリットを理解してご活用ください。
s-DSCF4658
 

※正しいデータは帝人さんのHPをご覧ください。
帝人さんのHP⇒ http://www2.teijin-frontier.com/sozai/specifics/suzushiya.html
「凉しや」を使用したレース 
⇒ リリカラさんHP http://www.lilycolor.co.jp/interior/products/curtain/thermal_insulation/index.html