トイレの内装

DSC_0017

今回はトイレの内装について。
大之木ダイモ リフォーム部では、商品+取替え工事のみも行っておりますが
やはりほとんどの方がこの際だから・・・と、内装もリフォームされます。
(トイレリフォームのプランについてはコチラ⇒http://daimo.jp/reform/daimo-x-reform-2/toire-reform/toire-reformplan/
内装の素材は、汚れた時に拭き取りやすいように、壁と天井はビニールクロス・床はクッションフロアというビニール床シートを施工するのが一般的です。
もちろん、ビニールクロスなのでたくさんの色柄があります。
DSCF4473
(各メーカーのカタログ・・・本当にたくさんの色や柄があります)

以前担当させていただいた新築のお客様は、結構攻めていらっしゃいましたね~。
ちょっとご紹介・・・。

真っ黒だったり。
DSC_0091
全部空だったり。
DSC_0076
ショップみたいだったり。
DSC_0027
ね、攻めてるでしょう~。

そのほかにも、
かわゆくしたり。
DSC_0059
ちょっぴりオリエンタルにしたり。
DSC_0018
気持ち、和風にしたり。
S01 (43)
かっこよくしたり。
DSC_0027-1
腰に見切り材を追加して板壁調にしたり。
DSC_5571

普通のお部屋ではオススメできないような柄のクロスも、トイレならOKです。
せっかくですから、各メーカー種類豊富なビニールクロス、内装を楽しみましょう♪

だけど、以前のブログに書きましたが、リフォームの場合はどうしても「既存」が残る場合もあります。
どんなに冒険したとしても、「既存」があると、ちょっぴり残念なコーディネートになったりすることもあります。
やりたい内装が、我が家の雰囲気に合っているか、できるのか。
お気軽にご相談いただければと思います♬

DSC_0033
 

ただ、ビニールクロスにもいろいろあって、薄くて平滑なものは、下地の石膏ボードの継ぎ目のわずかな凸凹を拾ったりします。気になる方は、ちょっと厚みのある物や多少凹凸のある平滑過ぎない物をオススメします。
また、表面が硬いフィルムコーティングされているクロスは、伸びにくいため施工性が難しく、だんだんと継ぎ目が目立ったリ、角がめくれてきたりします。
その代わり、汚れがふき取りやすかったり丈夫・・・というメリットもありますので、長所・短所をご理解いただいて選定していただければ・・・と思います。

ちなみに、そんなビニールクロスの継ぎ目や下地の凸凹が気になる方にオススメなのは、
muscle2016
トキワ産業さんのマッスルウォール。
キズに強くて破れにくく、消臭機能や撥水機能までついていて施工性も良い。
と、リフォームの現場では人気です。
(トキワ産業さんHP⇒http://www.tokiwa.net/products/index.html
ただ、柄はそこまで豊富ではないので、カラーで遊ぶかな・・・。
DSCF4472

・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・
大之木ダイモ リフォーム部では、呉本社のとなりにトイレ専門の「トイレ館」を2017年1月よりOPENいたしました。
普段は無人で営業しておりますので、お気軽にお入りください♬
トイレ館についてはコチラ
http://daimo.jp/reform/daimo-x-reform-2/toire-reform/toire-kann/
・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・

 

ライン始めました^ ^
大之木ダイモ リフォーム部より様々な情報をお届けします☆ お友だち追加お願いします(^o^)/
友だち追加

総務のブログもよろしくお願いします

blog

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願いします☆

bnr_facebook2