インテリアのコーディネート

dsc_8072

とうとうリフォームすることになって、
設備の色を決めて、床の色や室内ドアの色を決めて、クロスを決めて・・・。
自分の好きなものはどれか・・・小さいサンプルを見ながら
その時その時皆さん全力で考えていらっしゃると思います。

たまには、インテリアコーディネーターとして、、
これからリフォームされる方にコーディネートのポイントを一つ伝授したいと思います。
それは・・・・・

「既存・・・古いまま残る部分はありますか??」

今いるお部屋を見まわしてみてください。
 巾木・・・床と壁の見切りの木
 廻り縁・・・壁と天井の見切りの木
 窓枠・・・窓(サッシ)の内側についている木の枠
 建具・・・室内の入口ドアや物入れのドア
 建具の枠・・・上記建具の回りの木の枠
DSC_6833
などなど、たくさんの「木」が見えませんか??
それらは、作り替えるのか、覆って見えなくなるのか、塗装するのか、そのまま残るのか。

流行りの「男前インテリア」にしようと思っていても、
古いままの廻り縁が超☆エレガントなホワイト☆だった・・・とか。
どんなにシンプルモダンな雰囲気にしようと思っても、
真壁の和室だったから、柱や長押がそのまま残ってる・・・とか。
トイレなら、洗面室なら、冒険してここだけ別世界にしよう♪と、思ったとしても、
窓枠の色は、どうなっていますか???

↓シックなアクセントクロスに合わせて、巾木などもダーク色に。
DSC_0033

↓エレガントな雰囲気にするため、巾木・窓枠などはホワイトに
DSC_0021

このあたりが残念な「惜しい」インテリアになるか、
☆バッチリ☆コーディネートのインテリアになるか、の境目になります。
新築の場合は、窓枠や巾木を選ぶ時、どんな内装にするかを考えてみてください。
リフォームの場合は、床を選ぶ時、クロスを選ぶ時、他の色んなものを選ぶ時、
微妙に残る木はあるか???あれば、その残る部分と相性の良い色を選ぶか、塗装や取替えができるか担当者に聞いてみてくださいね。

もちろん、「そんなんわからんわぁ」という方、多いと思います。
そんな時は、ぜひぜひお気軽にご相談ください♪
 

ライン始めました^ ^
大之木ダイモ リフォーム部より様々な情報をお届けします☆ お友だち追加お願いします(^o^)/
友だち追加

総務のブログもよろしくお願いします

blog

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願いします☆

bnr_facebook2