広島の中古マンションをリノベーションしてモデルルームに! Vol.5

dsc_7266

広島市南区にある、築30年のマンションリノベ☆プロジェクトのご紹介、
第5回目は、解体後。
ちょっと細かい部分もご紹介します。

1473835379085
解体後、改めて現場で確認をしていきました。
ある程度予測はしていても、解体してみないとわからないこともあります。
天井の高さ・状態。
梁の状態。
給排水、などなど。
1473835489180

dsc_7267和室だった部屋の天井
天井はそのまま仕上げて見られるレベルかどうか。

dsc_7266
例えば、この部屋の真ん中にある大きな梁。
壁があったところに溝ができているのはどうするか。

dsc_7268-2
梁の白い部分はビニールクロスが残っているのですが、
既存の天井が組んであった高さから上はコンクリむき出しです。
結構大きな段差があるが、どうするか。

dsc_7262-2キッチンだったところ
キッチンには、換気扇も必要。
マンションのコンクリの外壁面に穴を開けるわけにはいかないので、
移動するに際して換気扇も移動しないといけない。
 after%e5%9b%b3%e9%9d%a2%e3%80%80%e6%8f%9b%e6%b0%97%e6%89%87%e5%95%8f%e9%a1%8c

既存の換気扇の穴を利用するとなると、梁を超えないといけない。
換気扇ダクトは長い距離、梁に沿って下げたり上げたりすると、
そこに油が溜まり、そのうち油が漏れてくる・・・
どうするか。

dscf0059ナナメの壁の窓
 dscf0062-2和室だったところの窓
窓枠の真ん中が下がってきている・・・
それから、和室があった2部屋の窓枠は白木に濃い色を塗装している・・・
ナナメの壁の窓枠は、薄茶色のペンキで塗装してある・・・
同じLDKの窓になるのに全く違う窓枠。
どうするか。

どうするか。

この続きはまた次回。

・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・
vol.6 「配管・木工事始まり」はコチラ ⇒ http://daimo.jp/reform/2016/12/03/inarimachi-7/
vol.7 「木工事」はコチラ ⇒ http://daimo.jp/reform/2016/12/07/inarimachi-8/