大之木ダイモ

■見えないけどつながっている家

DSC_0034

以前住んでいたアパートの隣で新築工事が始まって、そろそろ我が家もと考え始められたそうです。

当社の持っている土地の場所が良く、何となく自宅なら、とプランを考え始めたのが家づくりのき

っかけだったとのこと。

最初に描いたプランは普通の二階建てで、面白みがない、と思い、頭の中で自分に暮しインタビュー

をしたそうです。

本当に和室は4.5帖必要かとか、現状に困っていることを一つずつ挙げていって、それらを解消しよ

うと細かな部分まで考え始めたそうです。

DSC_0063

■奥様への思い

奥様に相談することなくプランを決めてしまった寺井次長ですが、実は奥様思いのポイントが至る所

にありました。

玄関を入ってシューズクロークの奥はすぐにキッチン。

お買い物をされた奥様が重たい荷物をすぐに置けるように配慮されています。

DSC_0105

■キッチンには広い作業台

キッチンには広い作業台があり、白いタイルでかわいらしく仕上げています。「作ったものを置いて

おけるし、子どもと一緒に料理するのにすごく便利なんです」と奥様。

そんな奥様は今、料理しているときが一番楽しいとのこと。寺井次長の狙い通り、奥様にご満足頂い

ていました。

寺井次長のこだわりのひとつは、収納家具を置かずに広々とした空間を実現させること。

リビングにはたくさんの造作棚が。持ち物のサイズと置きたい場所を丁寧に考え、それに合わせて棚を

造られたので、お部屋に物が散らからず、スッキリとしたリビングでした。

無垢のパインフローリングは奥様曰く「床暖房いらず」。「子どもは真冬でもはだしです。靴下はかせ

てもすぐにぬいじゃうんですよー。」と。

子どものおもちゃなどでたくさんついている傷もなじんで、まったくきにならないそうです。もう6年

たつ寺井家のフローリングはツヤが出ていました。色もいい色に変わってきています。

時々お客様をご招待して、無垢ならではの変化の素晴らしさを語られています。

DSC_0087

■見えないけどつながっている

寺井次長が最もこだわったのは、「見えないけどつながっている」こと。キッチンに立っている奥様には、

リビングにいる家族は見えませんが、声が聞こえるので料理に集中できます。

2階のプレイルームでは、休日に寺井次長が仕事をしていて、奥様とお子様は下で遊んでいることが多い

のだそうですが、「仕事をしていても気配が分かるのがすごく安心できて、仕事に集中することができる

んだよ。」と言われていました。

寺井次長の目下の夢は、このプレイルームでお子様が勉強して、その隣で寺井次長が資格の勉強をして、

お子様に勉強を教えながら自分も勉強をする、ことだそうです。考えただけでもステキですね!

「ソファも置いて第二のリビングにするつもりなんだ!」とキラキラとしたお顔で話されていました。

寺井次長ご夫婦は、お二人とも節約が趣味で、断熱に関して奥様はお友達にも「どこで家を建てるに

しても、どんな家を建てるにしても、断熱だけはしっかり考えた方がいいってアドバイスしているんです。

大之木さんの断熱はすごいじゃないですか。うちはファンヒーターひとつで家中あったかいです。絶対に

断熱はしっかりとした方がいいですよね!」と力説していただきました!

DSC_0081

寺井次長のご自宅の階段は吹き抜けになっており、プレイルームまでつながっているので、暖気が2階ま

で上がるのですが、断熱がしっかりしているので寒くなることはないとのこと。

DSC_0039

■小物を飾るために

ご夫婦共通のもう一つの趣味が小物を飾ること。たくさんのニッチにかわいらしい小さな雑貨がちょこん

と並んで、目を楽しませてくれます。

季節ごとに飾り物を変えて、日々の暮らしに小さな楽しみをたくさん作り出せますね。

奥様はこれからまだ2歳になったばかりのかわいいお子様と、一緒に料理をしたり、花壇のお手入れをし

たりできるのを楽しみにされているそうです。

寺井次長の愛情を心と身体でいっぱいに受けられて、これからもご家族で健康的に節約して、日々の暮

らしを楽しんでいただければと思います。

 

 

 

 

 

カタログプレゼント

モデルハウス紹介

モデルハウス一覧をみる

LINEのコピー

LINEのコピー

インスタ

インスタ

CASA LINDAリンクバナー

CASA LINDA

banner_cm

CM・動画

木でつくる広島

木でつくる広島

マイクロバブルトルネード

マイクロバブルトルネード

logo

大下土木㈱・㈱KNプランニング