大之木ダイモ

座スタイルにこだわったナチュラルテイストの家

■座スタイルにこだわったナチュラルテイストの家

DSC_0162

■「BRICK」の本が決め手でした。

E様と当社の出会いは本屋さん。「BRICK」の本を購入されて、京町家スタイルがきになり、

こころ11期・12期モデルへお越しいただきました。『夫婦ともに、ソファー無しの座の生活

がしたかったんです。』とE様。

実際にサンクンリビングを体感されて、これなら自分たちにあった地べたスタイルが出来る!

と思われ採用されました。数社見られていたE様ですが、決め手は間取り・自然素材(カルク

ウォール・無垢材)・サンクンリビング+安心感のある営業とのフィーリングだったそうです。

DSC_0084

■行き止まりが無い間取り

『奥さんが一番家にいる時間が長いから、それを考えて過ごしやすい間取りをと思いました。』

と優しい旦那様。奥様も、『行き泊まりが無く回遊性のある間取りになっているので作業もしや

すいですし、キッチンで作業をしながらサンクンで遊ぶ子供の様子もしっかりと見守れるから安

心なんですよ。住み始めて約8ヶ月。やはり家族の一番の憩いの場はサンクンリビングだそう。

E様邸のサンクンリビングが南東に面し、吹き抜けも設けているので明るく開放的で気持ちの良

い空間になっています。『朝日も入ってくるし、日中もずっと明るいから夜7時くらいにならな

いと電気をつけることが無いんですよ。風もよく通るし空気の入れ替えが出来て気持ち良いんで

す。夏はエアコン1で快適でした!』とご主人様。

DSC_0005DSC_0027

■結露をしません

『アパート時代は結露がひどく、毎日冬は掃除が大変だったけど、新居では全然そういうこと

が無いね。抜くことが無さすぎて逆に窓の掃除をするのを忘れちゃいます。』とご夫婦で笑い

ながらお話して下さいました。カルクウォールの調湿性やサッシやウレタンフォームの断熱性

の凄さを体感されています。

DSC_0003

取材中も元気いっぱい家中を走り回れていた2歳のお子様も新居を楽しまれているご様子で、

『サンクンリビングが完全にキッズスペースになっているんですよ!子供にとって段差が危

険とかでは無くて、逆にそれを利用して上がったり下がったりの運動で健康になるんじゃな

いかなって思っているんです。!』とご主人様。1・2階共にフレンチパインのフローリング

を採用されているE様。足触りが気持ち良いので素足で過ごされているのはもちろん、娘さん

は寝転んだりご主人様コレクションの電車を床を線路代わりにして遊ばれたりと、とにかくの

びのびと過ごされています。笑顔があふれて仲の良さが伝わってくる素敵なE様ご家族。これ

からもE様らしい生活を送ってたくさんの思い出を作ってくださいね。