大之木ダイモ

seminer4_img1

自然素材の良さはなんといっても、素材自体が「呼吸」をしていること。
「木・土・漆喰」といった自然の材料で作られた家は湿度を調整し、年中安定した室内環境を保ちます。

木の繊維組織はパイプ状になっており、その中には身近な物質の中では最も熱を伝えにくい空気が含まれています。その空気は湿度が高いときは湿気を吸い、空気が乾燥してくると水分を吐き出す動きをします。
木が「呼吸している」といわれるのは、こうした調湿メカニズムのためです。
レンガタイルや瓦の原料となっている粘土は、耐久性に優れ自然環境に対して劣化、変質、変色しにくく、風景に溶け込む風合いと質感を持っているのが特徴です。 
そして調湿効果の最も高いのが内外壁材の漆喰。壁自体が呼吸をするので室内の嫌な臭いや有害物質を吸着してくれるうえ快適な湿度を保ってくれるので、湿気の多い日本には最適な素材といえます。
室内環境がいいというだけではありません。自然素材は、人間の体に悪影響があるといわれているホルムアルデヒドなどの化学物質を「一切含んでいない」という点も大きなメリットです。

近年では、化学物質が原因によるシックハウス症候群や科学物質過敏症の深刻化が問題視されています。主な症状としては、目のかゆみ、頭痛、鼻水、咳など。ひどくなると耳鳴りや下痢、吐き気や足先の痺れなどもおこります。このような症状は、化学物質を含む新建材を使った新築時やリフォーム時だけの問題と思われがちですが、実はカーテンやじゅうたん、家具などから揮発する化学物質や、湿度調整ができず発生したダニやカビが原因になっている場合もあります。
seminer4_img2

特に高気密・高断熱なのに換気対策のとられていない住宅は注意が必要です。建材やカーテンから揮発された化学物質は空気を汚染し、汚染された空気は換気ができない為外に出ることができず家の中にこもります。その状態が続けば人体に大きな影響を与えてしまうことでしょう。換気ができないと結露ができやすく、ダニ・カビの発生を促進する恐れもあります。

その点、自然素材は化学物質を一切含んでいないので、空気を汚染しません。素材自体が換気の役割も担っているため、現代の住まいに見られる密閉された空間で感じるストレスを減らすことができます。アレルギーを持っている方や小さなお子さまがいるご家庭でも安心して生活していただくことができるでしょう。

大之木ダイモが自然素材への思い入れが強いのは、90年以上も木を商い続けてきたからこそです。
気密性、断熱性、調湿製をたかめるべく自然素材にこだわり、柱の傷や床の色つやで経年とともに風合いを増す家は、愛着がより一層感じられるものになるはずです。