大之木ダイモ

seminer3_img1

日本には四季があります。春や秋は心地良い風が吹き、自然や気候の良さを実感することができますが、夏の暑さや冬の寒さは広島であっても過酷です。暑い夏を涼しく、寒い冬を暖かく快適に過ごせる家にしたいと誰もが願うことでしょう。


夏は涼しく、冬は暖かい、人が住んでいて心地良いと感じる快適な家にする為には、自然エネルギーを最大限に取り入れた設計にすることです。そのような設計手法を私たちは「パッシブデザイン」と呼んでいます。
パッシブデザインは、冷暖房などの機械に頼ることなく、建物そのものを心地良さを生み出す装置にしなくてはならないので、非常に難しく、専門的な知識が必要な設計手法です。
自然エネルギーを最大限に取り入れるためには、四季を通じて太陽の光や風があらゆる場所に降り注ぐような窓の設計にすることが大切です。
窓の設計がパッシブデザインにとって「要」とっても過言ではありません。
大之木ダイモでは、リビングの上に吹き抜けを確保し、その上部に窓を設置しました。この窓は、吹き抜けを介して家の奥まで明るい陽射しをもたらしてくれるうえ、風を立体的に通してくれます。
また間取りは、入口から奥まで「通り庭」と言われる土間が続き、人も風も通れる空間になっている京町家の知恵を取り入れています。京町家を現代の住まいに再編集した大之木ダイモの家は、部屋と部屋を仕切っている襖を開け放つと続き間として使用でき、入口から家の奥まで風を通す仕組みになっています。

seminer3_img3

屋根には深い軒の出を設置。夏の熱い日差しをカットしてくれるうえ、雨水による腐食も防いでくれます。軒下に植栽をすることでさらなる遮へい効果を得ることもできるでしょう。植栽をすることで効果があるのは夏だけではありません。冬は太陽が低く、落葉もするため陽射しを室内奥まで取り込めます。

seminer3_img5
自然素材をふんだんにつかうのも、夏涼しく、冬暖かい家にするためには大切なポイントの一つ。
木や漆喰は、湿度の高い梅雨時期には湿気を吸着し、乾燥しやすい冬は湿気を放出してくれるので、冷暖房を使わなくても快適な空間を作り出すことができます。外壁に使用しているレンガタイルや屋根に使用している焼き瓦は気密性、断熱性に優れているので、高い遮熱効果を得ることができます。

パッシブデザインは人に心地良い暮らしを与えるだけでなく、自然エネルギーを使うのでにエコな家ともいえます。お財布にも人にも優しい家は、きっと「住むほどにすみ続けたくなる家」になることでしょう。