大之木ダイモ

「住むほどに住み続けたくなる家」を叶えるためには、家づくりにおいてあらゆる設計の工夫が必要です。
大之木ダイモでは、光や風などの自然エネルギーを最大限に取り込むパッシブデザインを採用しています。

パッシブデザインとは、建築の設計手法の一つで、建物の構造や素材の工夫によって光や風を取り入れ、人が本質的に望む「心地のよい空間」を作り出す手法のことです。

光と風を取り込むために大之木ダイモがしている工夫は、リビングに大きな窓を設け、そこから屋内と屋外を繋ぐウッドテラスを設置すること、リビング上部に窓を配置すること、吹き抜けをつくることです。

ウッドテラスは、夏の熱い日差しの照り返しがなく室内に涼しい風だけを送ってくれます。リビングの延長として使えばさらなる開放感が得られることでしょう。リビング上部の窓から差し込んだ陽射しは、吹き抜けを介してLDKの奥まで明るく照らしてくれます。また、上から入る風は家全体を駆け巡り、心地良い空間を生み出してくれることでしょう。

屋根の軒を深くつくることも、パッシブデザインの一つです。深い軒は夏の強い日差しをカットしてくれます。また軒下に植栽をすることでさらなる遮へい効果を得ることもできるでしょう。植栽をすることで効果があるのは夏だけではありません。冬は太陽が低く、落葉もするため陽射しを室内奥まで取り込めます。

パッシブデザインは家の機能性を高め、住み心地のよい空間を作り出してくれます。このような設計手法を取り入れることで暮らしやすさは向上し、「住めば住むほどずっと住み続けたくなる家になる」と大之木ダイモは考えています。