BLOG/大之木ダイモ

ー 島根県出雲市 旧大社駅

終わりそうで終わらない旅先シリーズ

まだまだ出雲を楽しみます。

天気が良いってすばらしい

何の前知識もなく、「旧大社駅→」の案内標識につられてやって来ましたが

1旧大社駅

到着してみると思っていたよりもはるかに立派な駅でびっくり

2無料

無料で自由に見学出来るようですが、この時は観光客の方も少なくてのんびり見て回れました

3旧大社駅説明

大社駅が開業したのは1912年(明治45年)6月だったそううですが

こちらの駅舎は1924年(大正13年)に改築されたものです。

宮殿風造りのこの駅舎は、全国でも珍しい神殿様式を取り入れた格調のある木造建築ですが、

1990年(平成2年)3月にJR大社線の廃止とともに駅としての使命を終えたそうです

4切符売場

切符売り場に残っている運賃表を見ながら、列車の旅を想像するとなんだかわくわくしてきます。

5観光案内所

観光案内所には制服を着た駅員さんたちがいて、ちょっとビビりました

6天井

天井の照明もすてきですね

7ホーム

ホームに出てみると、このまま待っていれば電車が入ってきそうな雰囲気。

8正面

線路を渡って、もう一つのホームに行くと

9機関車説明

1974年(昭和49年)11月30日に本州を最後に走った

D51型774号機関車が展示してあります

10機関車

運転席にも入ることが出来るので、出雲に行かれた際には寄ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、総務すみでした(*^^*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 島根県出雲市 島根ワイナリー

まだまだ続いてる旅先シリーズ

やって来たのは『島根ワイナリー』

2-1ワイナリー

ワインの製造工程を見ることができるワイン醸造館での無料工場見学も気になりつつ

2-2ワイナリー池

しばらくうろうろして「試飲即売館 バッカス」へ

2-3ワイン試飲

ワインの試飲・・・・したかった

飲んだら乗るな 乗るなら飲むなってことで、

ちょっと悲しい気持ちになって出てきました。。。

2-4ソフトクリーム

かわりにソフトクリームを堪能

次は飲める状態で行きたいものです。。。

 

以上、総務すみでした(´・ω・`)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 島根県出雲市 そばの加儀

出雲市内をぶらりと楽しみつつ、はやり出雲そばを食べねばと思い

混雑を避けて出雲大社から少し離れた場所のお蕎麦屋さんへ。

1-1手作り郷土賞

高瀬川沿いの柳並木が良い感じ

大之木ダイモ本社すぐ近くの蔵本通りと同じく『手づくり郷土賞』を受賞しているようですね。

1-2マンホール

近くのマンホールにはヤマタノオロチが。

きょろきょろしながら路地を入っていくと、そば処を発見

1-3そばの加儀

『そばの加儀』さん

観光客だけでなく地元の方もよく利用されているのかなぁといった雰囲気がしました。

すんなりとあいている席に座ることが出来て、さっそく注文。

メニュー

メニュー撮ろうと思ったのですが、ブレちゃいました

1-4出雲そば

「割子そば(750円)」

美味しくいただきました

そばの加儀
住 所 : 島根県出雲市今市町635
電話番号: 0853-21-0659
営業時間: 11時 ~ 15時
定休日 : 木曜日

 

以上、総務すみでした(゚∀゚)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 鳥取・島根 江島大橋ほか

6月に入ってしまいましたが、まだまだ引っ張る旅先シリーズ、今回はおまけ編。

前回の最後で鳥取県から岡山県入りして蒜山にやって来ました。

1鍛冶屋橋

鍛冶屋橋の欄干に謎のモニュメント。

蒜山高原に古くからお住いの『粋呑(スイトン)』という怪物さん。

ちなみに「スイトン」は人間が考えたり思ったりしていることがみんな分かるんだそうです。

2鳥取県境

そんなスイトンに出会ったばかりですが、またまた鳥取県へと戻ってきました。

3大山

大山にもだんだん近付いて来ましたが、これ以上は近付きません

4鯉のぼり

ゴールデンウィークに出かけると、あちらこちらで見かけることが出来る

鯉のぼりが空を泳ぐ景色がまた良い感じです

その後、国道181号線を米子市方面へと進んでいると川の向こう側に鬼が

5おに

けっこうな大きさにちょっと驚きましたが、後日調べてみると

「おにっ子ランド」なるテーマパークのものらしく長いすべり台などがある公園も併設されている

らしいのですが、、、、このけっこうな大きさの鬼・・・子どもたち怖くないのでしょうかね

6境港市

さて、すっかり日も暮れてしまったなか境港市までやって来ました。

7江島大橋

本当は日があるうちに来たかった「江島大橋」

某、車のCMで「ベタ踏み坂」として話題になっていた橋なのですが、、、真っ暗で見えません

8サイクリング

「江島大橋」のすぐ近くにはサイクリングコースをあらわす表示がありましたが、

9歩道

サイクリングするためには自転車は歩道ではなく車道を走らないと行けないようで

「ベタ踏み坂」のインパクトほど実際は急ではないにしてもけっこうな上り坂・・・

慣れていない人は大丈夫なんだろうかとちょっと心配になりました

10島根県入

ちなみに歩道を歩いてこの橋をわたると、

鳥取県と島根県の県境を越える瞬間をしっかり楽しめます

そんなこんなで島根県入りをしたのですが、

今度はこんなサイクリングコースの表示を発見

11ブルーライン

島根県にて「尾道まであと175km」のお知らせ

「ベタ踏み坂」手前の案内に続き、なかなかにハードルが高そうなご案内ですね~

12出雲市

ってことで、ずいぶん遅い時間に「出雲市」までやって来たあたりで今回はここまで。

 

以上、総務すみでした(*_*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 鳥取県東伯郡 道の駅 燕趙園(えんちょうえん)

前回の鳥取市から西へと移動。

1鳥取

鳥取県東伯郡(とうばんぐん)の道の駅「燕趙園(えんちょうえん)」に寄ってみました。

2道の駅

けっこう広いです。

3燕趙園

名前からお気付きかもしれませんが、中国っぽい雰囲気が。

4中華

鳥取にいることを忘れてしまいそうなくらいの中国感

7長城

なんでいきなりここに中国が???

6広い

と、思っていましたが、どうやらこの道の駅・中国庭園「燕趙園」は

鳥取県と友好都市(姉妹都市)である中国河北省の友好のシンボルとして

1995年(平成7年)に鳥取県が建設したものだそうです

5北京ダック

庭園だけではなくレストランもあったり、

8パンダ

「パンダの楽園」なる場所もあったり・・・

鳥取に来て鳥取以外の雰囲気も楽しめる場所でした

道の駅は無料で入れますが、有料の中国庭園「燕趙園」は

さらに本格的な中国庭園を楽しめる場所になっているようです。

道の駅を後にしてからのこともおまけとして少々。

東郷池沿いを移動していると見えてきたのがこちら

9なし

何に見えますか???

リンゴではなく、道の駅があるこの東伯郡湯梨浜町の特産品「梨」ですね~

10大山

遠くに見える大山には雪がまだ残っていて寒そうだなぁと思いながらさらに移動していると、、、

11かかし

思わず引き返して写真を撮ったこちらの風景に出会いました。

何が気になって引き返したのか、わかりますかね

上の写真に写っているのは全員(?)カカシさんです、よく出来ていますね

12犬

県道115号の上り坂を進んで「犬狭展望駐車場」を通過してさらにのぼると

13県境

やっと県境が見えてきたところで鳥取県とはお別れ、と見せかけて

次回もちょっとだけ鳥取県です

 

以上、総務すみでした(*′▽`)っ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 鳥取県鳥取市 道の駅 神話の里白うさぎ

引き続き、旅先シリーズ

お付き合いくださいませ

前回の記事で鳥取市の夕日の写真を載せましたが、

翌日そのまま海沿いを移動していると道の駅を発見

1map

目の前には神話「因幡の白兎」で有名な白兎海岸が広がるロケーションの

道の駅「神話の里 白うさぎ」です。

2大国主大神

大きな「大国主大神と因幡の白うさぎ」の向う側には『白兎神社』の鳥居も見えています。

3ポスト

うさぎのイラストが描いてあってラブリーな郵便ポスト

4駅長

名誉駅長には「命(みこと)駅長」が就任しているなど、うさぎさん大活躍

5うさぎ焼き

なのに・・・うさぎ焼いちゃうのか

と思いましたが、人形焼のようなものでしょうね。

まだ準備前だったようで買うことは出来ませんでした

6寿司

代わりに買った「焼き鯖寿司」をパクつきながら白兎海岸の景色を楽しみました

7島

写真の右側に写っているのが、因幡の白兎が住んでいたとされる「淤岐ノ島(おきのしま)」です。

 

以上、総務すみでした(=゚ω゚)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 鳥取県鳥取市

旅先シリーズ

と言うことで、まずはいつもの県境写真から

1鳥取県

岡山県と鳥取県の県境、県道7号智頭勝田線の様子です。

県境の右手(うて)峠を越えて日本海目指して

千代川沿いを北へと進んでいると、『河原城←1.0km』の案内が

2城

山の上にポコッとあるのがお城ですが、見えますかね?

3山の上

ちょっと近付いてみました。

4アップ

丘の上まで行った、と見せかけてただのズームアップです

先を急いでいたので「河原城」には寄りませんでしたが、展望台になっていて館内は各階ごとにテーマを設け

河原町の情報、歴史、文化、自然をジオラマや映像などでわかりやすく紹介しているそうです。

天守閣のテラス展望台からは四季折々の町の風景や鳥取砂丘、中国山地の山並みが一望でき、

城の周辺には約800本の梅の木が植えられた梅林公園として整備されているそうなので、

次の機会があれば寄ってみたいと思います。(入館料大人個人 250円・高校生以下&65歳以上 無料)

5海辺

さらに北上して、日本海

6砂浜

鳥取砂丘の西側です。

7パラグライダー

パラグライダーされている人たちが

8パラグライダー

飛んでいくところを見たかったのでしばらく待ってみましたが、、、

見ている間には飛びませんでした

9自転車道

近くにはキャンプ場などもある「こどもの国」や自転車道も整備されていて

10自転車道案内

「因幡自転車道」は「こどもの国」あたりから「河原城」付近までの約20kmのルートです。

11欄干のうさぎ

「千代大橋」には因幡の白兎(?)が跳ねていました

12夕日

そんなこんなで日が沈む前に日本海までやってきましたが、スタンバイ位置を失敗して

残念ながら日本海に沈む夕日は見ることができませんでした

 

以上、総務すみでした(*´ω`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 香川県坂出市 いきいきうどん坂出店

引き続き旅先シリーズ

と、いうことで香川県丸亀市から坂出市に移動してきました。

すでに夕方だったので、うどん屋さんのハシゴは難しいかなぁと思いつつ、

1いきいき

坂出駅から北に約1kmくらいにある『いきいきうどん 坂出店』へ。

2肉うどん

たぶん「温玉肉ぶっかけ小(430円)」だったと思います

お肉いっぱいで、美味しくいただきました

もう1軒どこかうどん屋さんを探そうか迷っていたのですが

昔ながらのといった雰囲気の銭湯を発見

3銭湯

うどん屋さんめぐりはまたの機会ということで、さっぱりすることに。

4ゆ

『やなぎ湯』さん

写真はないですが、銭湯内も本当に昔からやっているといったステキな雰囲気でした。

番台に座っていらっしゃるおかみさん(?)とのちょっとしたおしゃべりも楽しかったです

5坂出駅

『やなぎ湯』から坂出駅までは400mもないくらいの近さでした。

6特急

瀬戸大橋を電車で渡って本州へ戻るためホームで快速列車を待っていると

向こうのホームにかっこいい列車が到着して、ホーム間違えたのかと少々焦りましたが

72階

私が乗るのはこちらのマリンライナー

高松側の先頭車両は2階建て展望車になっていて、2階はグリーン席、1階は普通車指定席です。

9ジャンクション

でも夜の展望車に乗ってもあまり景色は楽しめないですね

DSC_3066

岡山駅~高松駅間を運行しているということで、桃太郎が描かれていました。

岡山駅に到着後は折り返して再び高松駅行きになるようですね。

次は日があるうちに乗って瀬戸内海の景色を楽しんでみたいなと思います。

いきいきうどん坂出市
住 所 : 香川県坂出市京町3-1361-1
電話番号: 0877-46-0880
営業時間: 5時 ~ 20時
定休日 : 無休(元旦のみ休業)

やなぎ湯
住 所 : 香川県坂出市京町1丁目5-15
電話番号: 0877-46-0654
営業時間: 14時半 ~ 21時半
定休日 : 日曜日

 

以上、総務すみでした(*´ω`*)ノ

 

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 香川県丸亀市 鯉のぼり

旅先シリーズ

と言うことで、前回に引き続きゴールデンウィークに寄った場所を

さらっと紹介したいと思いますので、お付き合いくださいませ

昨年末にも香川のうどんについては書いたのですが

今回の休みで、またまた行ってきました

前回は『瀬戸大橋』を渡ったため、県境の写真がなかったのですが、

DSC_3040

今回は『しまなみ海道』から愛媛県を経由して香川県入りしました

せっかくなので県境では両方の案内標識をパチリと

DSC_3039

香川県の県章はわかりやすいですね!

明らかに「カガワ」の「カ」

色が緑で傾いているのは、

『香川県の特色ある山容と、平和のシンボルである県花・県木「オリーブ」の葉を表現し、

恵まれた風土にはぐくまれて、向上発展を続ける香川県のすがたを象徴』しているのだそうです

県境からさらに移動していると麦畑が広がっていました。

3麦畑

広島ではあまり見かけないのでついつい足を止めてしまいました

4丸亀市

そしてついに丸亀市入り。 丸い、カメ・・・ですかね

さらに市街地へと進んでいくと、丸亀城の案内があったので近付いて見ました。

5城

丸亀城発見

7鯉のぼり

ゴールデンウィーク真っ只中で、この日の2日後が端午の節句ということで

丸亀城のお濠にも鯉が泳いでいました

6丸亀城案内

1615年(元和元年)には一国一城令で廃城となったものの

1642年(寛永19年)に再築することになったりという歴史があるそうです

丸亀城は「石垣の名城」と言われるほど、石垣が有名らしいのですが

それを知ってから1枚目の写真を見ると、たしかに立派な石垣だなぁと思いますね

8公園

この日はちょうど「丸亀お城まつり2017」が開催されていたため

お城やその付近はかなりのにぎわいで、混雑を避けて丸亀城見学はしなかったのですが

「石垣の名城」をもっとしっかり見ておくべきだったと少々後悔しています

本当は丸亀市でうどん屋さんに入ったのですが、写真を1枚も撮っていないのでその話は省略で

9飯野山

飯野山を背景に土器川を泳ぐたくさんの鯉のぼりを見ながら丸亀市を後にしました。

次回は香川県坂出市です

 

以上、総務すみでしたヾ(´_`○)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 岡山県津山市 津山城(鶴山公園)

ゴールデンウィークが終わり、

連休明けのバタバタも落ち着いた頃ではないでしょうか。

連休の間にあちこち出かけられた方も多いかと思いますが、

私もせっかくの連休なのでありがたく堪能させていただきました

1

と、言うことで旅先シリーズ

と言ってもすぐお隣の岡山県です。

以前も紹介したことのある岡山県の県章ですが、やはり戦隊モノのヒーローに見える私です

さて、県境写真は「真庭市」とありますが「津山市」でうろうろしてきたので

その時のことをさらっと書くのでお付き合いくださいませ

2

津山市の市街地に近付くと、吉井川の向こう側の高台にお城らしきものが見えてきました。

とりあえず、あそこを目指してみようと橋を渡って街中へと移動していると、

4

マンホールにカッパさん。

3

商店街にもカッパさん。

津山駅前のこちらの商店街は通称「ごんご通り」と言うらしいのですが、

どうやら「ごんご」=「カッパ」らしいですね。

5

目指していた『津山城(鶴山公園)』前の津山観光センターにもカッパさん。

こちらは「ゴンちゃん」というお名前のようです。

5

それでは鶴山(かくざん)公園へと、まずは階段をのぼっていきます。

7

どーんと座っているのは津山藩の初代藩主「森忠政公」で、森蘭丸の弟さん。

8

津山城の歴史など。

ここまでは自由にうろうろできます。

9

この先は入園料がいるので、こちらの入場券売場で支払を

大人300円。 季節によって開園時間が変わるようです。

10

天気が良いのでより美しく立派に見えます

11

お城に石段はつきものですが、ちょっとだけ疲れてきました

12

爽やかな風が吹き抜けて、揺れる青もみじがとてもきれい

14

石段を登って、本丸までやって来ました。

津山城や本丸御殿の構成などを表示した案内

明治6年(1873年)1月14日に発せられた「廃城令」により取り壊しが決まり

明治7年(1874年)から8年にかけて石垣を残してすべての建物が解体され払い下げられたそうで、

13

石垣や備中櫓は復元されていますが、本丸御殿があった場所はこの状態です。

16

街を見下ろせるすてきな場所

15

木陰にベンチなどもあるので、

ついつい時間が経つのを忘れてのんびりしてしまいそうになりますが

この日はちょうどイベントが行われていたのですぐに移動。

20

『第2回 牛魔王選手権』

牛肉ガチバトルだそうです。

もうずっと良い香りがそこら中にただよっていて、気になる気になる

2日間に渡って「三の丸バトル開場」で

たくさんのお店がご自慢の一品を武器に旨さを競うようです

21

イベントは牛料理の人気投票だけではなく、

美作大学沖縄県人会によるエイサーやの披露もあり会場はとてもにぎやか

22

普通に歩いている後ろ姿しかとらえられませんでしたが、

「つやま牛肉戦隊うまいんじゃー」もショーを行ったようです。

23

投票対象外の店舗も含めると2日間で27店舗が参加していました。

24

どれも美味しそうだけど全部は食べられないので、真剣にお店をチョイス

25

「津山ホルモンうどん研究会」は人気投票対象外ですが

もともと津山ホルモンうどんを食べたかったので、美味しくいただきました

26

いろいろなお店が一堂に会しているので、ここでお気に入りを見つけて

次はそのお店で他のメニューも食べに行ってみるのも良さそうです

 

 

以上、総務すみでした(*´ω`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。
大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪