BLOG/大之木ダイモ

ー 滋賀県彦根市 彦根城

前回につづいて年末年始のお休みに行った場所についてご紹介

滋賀県入り!したときはメイン道から外れた細い道だったので、

滋賀県から出る時に撮ったいつもの県境写真から

滋賀県

ちょっと見えにくいですね

滋賀県

これが滋賀県章なのですが、うろ覚えのイメージで

なんとなく山口県岡山県のに似ているような気がするなぁと思いました。

何を表しているのかぱっと見わからなかったのですが、

「 シ と ガ を図案化して左右に配し、中央の空間をびわ湖に形どり

全体の円形と上部の両翼で“和”と“飛躍”をシンボライズしたもの」なんだそうです

カタカナの「シ」と「ガ」に見えてきます・・・かね

1街並み

前に滋賀県に行ったときには、琵琶湖のまわりしか通っておらず行けなかった彦根市内へ

2お濠

彦根城へやって来ました。

3ポスト

郵便ポストの上に小さな彦根城が

ご当地ポストを発見出来るとちょっとだけ得した気分になります

これまで見かけたご当地ポストはこちらから →太宰府、 →鳥取、 →函館

4彦根城

琵琶湖八景 月明 彦根の古城

前回の記事で、ライトアップされた姫路城の写真を掲載しましたが

その姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている彦根城。

5入城料

彦根城観覧料は個人一般800円、小・中学生200円です

5入城

表門券売所から中に入るとすぐに山道。

6石段

なかなか辛かったです。。。

6右側石垣

石垣のカーブと櫓がかっこ良いですね~

ちなみに表門橋を渡って入ってきたのですが、パンフレットを見てみると

「大手門橋」も別にあったようで、「表門」と「大手門」いったいどちらが正面だったのでしょうか?

7石垣

重要文化財の天秤櫓(てんびんやぐら)

左右対称に建てられ、まるで天秤のような形をしているところから天秤櫓と呼ばれ

日本の城郭でこの形式のものは彦根城だけなんだそうです。

天秤櫓は左右対称ですが、土台の石垣は右側が築城当時の打込みハギ積み

左側が江戸後期の改修による落とし積みとなっているらしいのですが、

写真を比べてみるとなんとなく違うのがわかりますね

8橋

鐘の丸から渡されている廊下橋(非常時には落とし橋となる)は

今は架け橋ですが、昔は両側に壁があり屋根のある橋で

中の人の動きが外からは見えないようにしてあったと言われています。

7ひこにゃん

ひこにゃんは休憩中だったので、パネルでしか見られませんでした

厚みのあるひこにゃんに会いたかったです。

展望

すっきりしない天気なので見えにくいですが、琵琶湖が見えます。

それでは天守へと入りましょう。

天井

見上げると、まぁ立派

上から

外を見るとこんな感じ。

瓦

瓦は34種類、6万枚使われているんだとか。

9階段

階段が急なので子どもたちの腰が引けていました。

普段遊んでいるジャングルジムの方が直角だよ、と言いたかった。

梁

階段で時間がかかるので、狭い廊下は一列になってゆっくりと進んでいきます。

12時報

「鐘の丸」があるのに、違う場所に「時報鐘(じほうしょう)」があるので不思議でしたが

城全体に響くようにと「鐘の丸」より移されたそうです。

12下り

正午の鐘の音を聞きつつ彦根城を後にしました。

 

以上、総務すみでした(・∀・)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 兵庫県旗

1月半ばとなり、年明けの行事も無事に終わり休み明けのバタバタが落ち着いて

これまでとかわらぬ日常が帰ってきたといった感じでしょうか

ちょっと余裕が出来たので、年末年始のお休みに出かけた場所について

数回に分けてさらっとご紹介させていただこうと思いますのでお付き合いくださいませ

1年前は寝正月でダラダラ過ごしていましたが、今回は東へ行ってきました。

と、言うことでさっそくいつもの県境写真から

1兵庫県

兵庫県章ではなく「県旗」で、デザインの意味は日本海と瀬戸内海の両側に面する県土を

波の形に図案化した白抜きの「兵」の文字で表したもの、なんだそうです

ちなみに兵庫県章はこちら

兵庫県章

県章よりも県旗の方がよく使われているらしいのですが、どちらがお好きですかね?

兵庫県入りしたのがすでに日暮れ後だったので、ちょっと夕飯をと寄ったのは

兵庫県内にて展開しているこちらのラーメン屋さん

2八角ラーメン

らーめん八角相生店

3餃子セット

ついつい定食にしてしまいました

満腹状態からさらに東へと移動して、姫路入りしたのですが

遠目にちらりと見えた姫路城がライトアップされていたので思わず寄り道。

2姫路城

実際はもっと良い雰囲気だったのですが、写真だとあまり伝わらないですね

陽の光で眩しいくらいの姫路城は前に書いたこちらの記事をごご覧ください → 姫路城

5明石海峡大橋

2015年に兵庫に行った時には明石名物「玉子焼き」を食べたのですが

今回は「明石海峡大橋」をちら見しただけで明石市は通過、

またいつか「玉子焼き」食べに行きたいです

 

以上、総務すみでした(*´ω`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 愛媛県松山市 寺子屋本舗道後店

前回に引き続き道後をぶらぶらしたお話を少々させていただきます

「道後ハイカラ通り」をずーっと進んでいくと行き着くのがこちら

1

まぁ人混み避けて「道後ハイカラ通り」通ってないんですが

2

はい、「道後温泉本館」です

放生園では「坊っちゃんカラクリ時計」のカラクリを見ることは出来ませんでしたが

道後温泉に着いたのはちょうど正午だったので「振鷺閣(しんろかく)の刻太鼓」が打たれていました

3

残念ながら温泉に入ってゆっくりしていく時間はなかったので、

建物だけでもとあっちから撮ったりこっちから撮ってみたり

4

道後温泉のすぐ側にある「坊っちゃん広場(?)」には坊っちゃんの登場人物たちが。

5

そして、ハイカラ通りにちょっとだけ入ったお店に寄ってみました。

6

手造りおかきの『寺子屋本舗』さん

7

美味しそうな香りがただよっていました

8

こっちの看板が気になってしまって、ついついアイスを

9

「醤油アイス」しっかり混ぜ混ぜしていただきました

店内で食べられるのでお茶もいただきつつのんびり食べていたら

ついつい置いてある他のせんべいやおかきが気になって欲しくなってしまうという罠が

今度は温泉にも行ってみたいものです。

 

以上、総務すみでした(*´ω`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 愛媛県松山市 道後湯之町

少し前に愛媛県今治市の「今治港」「かねと食堂」についてご紹介しましたが、

今回は同じ愛媛県でも呉市の対岸「松山市」についてです

0

伊予鉄道の市内電車の駅『道後温泉駅』にやって来ました。

1

1965年製造のモハ50形75号車輌がいました

1-2

昭和61年に新築復元された駅舎ということです。

追記:ちなみに2017年12月にリニューアルオープンされるらしく

スターバックスのお店も入るらしいです。どんな感じになるのか気になりますね。

2

「坊っちゃん列車」1号機関車の復元機

3

駅前の放生園には「坊っちゃんカラクリ時計」や足湯もあります

なんでも「坊っちゃん」って付いてるのかなぁと思ったり

そしてもう5分ほどこの時計の近くで待っていれば12時ちょうどには

カラクリ時計が動くのが見られたのに移動してしましました・・・

4

道後村めぐりコースなど

5

道後ハイカラ通りはアーケード街になっていて観光客でとてもにぎわっていました。

6

道後温泉を楽しんでいる雰囲気が感じられるすてきな写真がポスターに

7

こちらには看板猫さんでしょうか、堂々たるくつろぎっぷりで可愛かったです

8

お土産屋さんにもやはり「坊っちゃん」は付きもののようで、

とっても美味しそうな「坊っちゃん団子」の箸置きが売られていました

それでは、このつづきは次回で~

 

以上、総務すみでした(*´∀`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。
大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 愛媛県今治市 かねと食堂

松山に行くはずが、「今治港」に衝撃を受けてなかなか離れられず

うろうろ見て回った結果ちょっとお腹がすいてきてしまいました

商店街

なのでお食事処を求めてやっと出発、

「みなと交流センター」から500mほど移動して目に入ったお店にそのまま入店

お食事処

『かねと食堂』さん

8時過ぎに今治港に到着し、みなと交流センター内をうろうろしていたとはいえ

9時前という中途半端な時間にもかかわらずオープンしている貴重なお店。

店内

どうやら朝の8時オープンらしいです。

厨房

昔からここで営業しているんだろうなぁという雰囲気。

招き猫が置いてある棚の中にはお稲荷や玉子焼きにお惣菜などが並んでいます。

お品書き

営業時間が長いのでメニューもご飯物からアルコールまでさまざま。

箸立て

きょろきょろしながら待っていると、やって来ました

木の葉丼

木の葉丼(630円)

実は「木の葉丼」って何かよくわからずに注文したのですが

関西方面ではメジャーらしい、薄く切った蒲鉾と青ねぎを鶏卵で綴じた丼物のことだそうです

この時間に食べるには重すぎず、軽すぎずちょうど良い感じでした

 

以上、総務すみでした( ´∀`)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 愛媛県今治市 今治港

先日、えひめ国体を観戦しに行った記事を書きました。

その日は、帰りは「松山観光港」から「呉中央桟橋」へのフェリーを利用したのですが

行きはとびしま海道を通り「岡村港」から「今治港」に出ているフェリーに乗船しました

1岡村港

久しぶりの「岡村港」は以前とあまり変わりなく。

3出港

朝日を見ながらの出港

今回乗った6時50分岡村港発の「第二せきぜん」が以前は一番早い便でしたが、

今はさらに早い6時20分岡村港発の「とびしま」という旅客船が出ているようです。

4来島海峡大橋

1時間ほどするとフェリーは「来島海峡大橋」の下を通過して

今治港には8時10分に到着、したのですが。。。。。。

これは前に今治港にやって来たときの写真なのですが、

0昔の今治港

今回フェリーが港に着いて見てびっくり

すっかり様子が変わっていました

5今治港

何ということでしょう~

6案内

あまりの変貌ぶりに、すぐに今治を出るつもりがなかなかここを離れられず

61階

まずは建物内に入って1階の発券所&待合室スペースのガラス張りに驚き

8待合室

2階では「待合室」の案内のおしゃれさにどこのオフィスかと思い。

9ラウンジ

さらに「しまなみラウンジ」ってなんぞや??と思ったら

10窓際

どーんと広がるすてき空間

11屋上

4階の展望デッキはこんな感じですよ。

12景色

もう松山行くの止めようかと思うくらいステキでした笑

ちなみにこの建物は「みなと交流センター(はーばりー)」と言うそうです。

何にしても出港してきた「岡村港」とのギャップがすごい

 

以上、とっても驚いた総務すみでした(゚∀゚)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 北海道 函館フェリーターミナル

まだまだ引っ張る、旅先シリーズ

青森県の田舎館村「田んぼアート」に感動した後、さらに北上してついに青森市へやって来ました。

でも着いたのは夕方で、いろいろやっていたらすっかり辺は真っ暗に

青森市の目的地は「青森フェリーターミナル」です。

暗くなってしまってどこが乗り場なのかよくわからず、ちょっと迷いながらもなんとか到着

津軽海峡フェリー

大きいのと暗いのとでよくわからない写真になっていますが、、、「津軽海峡フェリー」です。

ちなみにいくつかある客船のうち、私が乗ったのは

全長約144m・総トン数8,851トン、旅客定員数 583名の「ブルーハピネス」

青森~函館間を3時間40分の快適クルーズでつないでいます。

函館フェリーターミナル

と、言うことで4時間もしないうちに下船したのが「函館フェリーターミナル」

キレイなフェリーターミナルで、夜中に到着したのでロビーでは仮眠をされている方もちらほら

函館入り

暗くてまわりの状況がよくわかりませんが、確かに「函館フェリーターミナル」に到着したようです。

つまり、北海道入り

どうやら海を見渡せるウッドデッキには「ハートのモニュメント」なんてものがあったようですが

暗くてそんなことには全く気が付くこともなく、ターミナルを後にして移動。

新函館北斗駅

JR北海道「新函館北斗駅」にやって来ました。

2016年に北海道新幹線開業により渡島大野駅(おしまおおのえき)から新函館北斗駅に改称され、

函館駅方面へのアクセス駅となり、特急「北斗」「スーパー北斗」・快速「はこだてライナー」を含めた

全ての旅客列車が停車して新幹線と接続する「新函館北斗駅」は、北海道新幹線が2030年度に

札幌駅まで延伸されるまで、日本最北端の新幹線の駅となるそうです

残念ながらあまりに早く来すぎたため「新函館北斗駅」には入ることすら出来ませんでした

そんな「新函館北斗駅」にあった郵便ポストが・・・こちら

ずーしーほっきー

謎の生き物が郵便ポストの上に座っておられます

頭にトンボが乗っているので最初は「ヤゴ」なのかと思いましたが、

北海道北斗市の公式キャラクター「ずーしーほっきー」さんらしく

北斗市公式ホームページでは「北斗市の“いいところ”をPRしてゆく宣伝隊長」として紹介されていて、

北斗市特産のホッキ貝と、地元のブランド米「ふっくりんこ」を使った

ホッキの握り寿司をイメージしているという、、、、まさかの「寿司」

ちなみに頭に乗っている「トンボ」は「ずーしーほっきー」とは関係がなく

童謡「赤とんぼ」の歌詞が生まれた場所が「北斗市」なので

あちらこちらに「トンボ」がいるようです

何にしても全く覚えられそうにないと思った「ずーしーほっきー」という名前が

由来の”ホッキの握り寿司”を知ったことで、かなりのインパクトが残りました

 

以上、総務すみでした(*_*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 青森県南津軽郡 田舎館村 田んぼアート

旅先シリーズ

前回は青森県入りをお伝えしましたが、平川市からさらに北へと移動していると

遠くにお城のような建物が見えてきました

1城

お城を目印に近付いて行くと、、、

お城ではなくなんと「田舎館村役場」とのこと。

2役所

この田舎館村は「田んぼアート」が有名ということで、

その会場がある「田舎館村役場」が目的地ではありましたが、まさかこんな建物だとは思っておらず

あまりに立派な村役場でびっくり

そして「田んぼアート」の人気ぶりもすごく、役場の展望デッキへ行くための長い列が出来ている状態

3いなかだて

と、言うことで時間もぎりぎりだったのでもう一つの「田んぼアート」会場へ移動してきました。

「道の駅 いなかだて 弥生の里」

4案内

けっこう広くて展望所は見えているのになかなかたどり着かず。。。

7塔

なんとかたどり着いた、「田んぼアート」を見ることが出来る展望所。

6下から田んぼ

下から見てもよくわからないですが、、、

入場料300円を支払ってエレベーターで上へ。

8道の駅

道の駅内にあるさまざまな遊具等もよく見えます。

これだけいろいろあったら子どもたちに大人気でしょうね~

9桃太郎

そしてお目当ての「田んぼアート」がこちら

すごーい

11裕次郎

「田んぼアート」だけでなく、「石のアート」もあり、

10ダイアナ

自然もすばらしくてすごい景色です

12パネル

上りはエレベーターでしたが、帰りは階段を使って降りると

「田んぼアート」が出来上がるまでの過程やこれまでの歴代の作品のパネルが展示されていました。

地元の方のチカラがすごいです

 

以上、総務すみでしたO(≧∇≦)O

 

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 青森県平川市 道の駅 いかりがせき

もう1ヶ月も前のことですが、ついにやって来ました初めての青森県

1青森県入

いつもの県境写真です

青森県章はとってもわかりやすく、青森県の地形を図案化したもので

白地は、無限に広がる宇宙世界を

県章の深緑色は躍進発展してやまない希望と未来を表しているそうです

県境から十数キロ進むと「道の駅 いかりがせき(津軽関の庄)」に到着。

3碇ヶ関

1586年(天正14年)から1871年(明治4年)まで存在した関所で

4高麗門

道の駅にはお土産さんやレストラン意外にも関所資料館や温泉もあるようです

2道の駅

これだけ「じねんじょ」って書いてあるの見ると、我慢できません。

5じねんじょソフト

「じねんじょソフト」買っちゃいました

6岩木山

遠くに見えている「岩木山」青森県の最高峰は津軽富士とも呼ばれているそうですが

すっきり晴れていないとなかなかきれいに見えないですね

 

以上、総務すみでした(*´∀`*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 秋田県鹿角市 道の駅かづの

旅先シリーズ東北編

1秋田入

人生初の秋田県入りです

県境の標識に描かれているのは「花輪ばやし」のイラストです。

2ようこそ

毎年8月19・20日に開催され、日本一の祭り囃子とも称賛される鹿角市最大の祭りです。

本漆と金粉で彩られた豪華絢爛な屋台、夜を徹して鳴り響く賑やかなお囃子が特長で

祭り囃子の響演が鹿角の街に響き渡るとのこと

3景色

こんな静かでのどかな雰囲気の街も、その日はとってもにぎやかになるのでしょうね。

4道の駅

道の駅が見えてきたのでちょっと寄り道です。

5売店

「道の駅 かづの」

6発祥の地

鹿角市はきりたんぽの発祥の地なのだそうです。

7味噌味

せっかくので一つ購入

美味しくいただきました

 

以上、総務すみでした( ´∀`)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪