BLOG/大之木ダイモ

ー 岩手県盛岡市 開運橋

お盆休みが終わり、休んでいた分を取り返すべく

怒涛の勢いで押し寄せる仕事をなんとかこなした1週間が終わりました

皆さまはどんな夏を過ごされたでしょうか?

連休明け恒例の旅先シリーズをスタートさせようかと思いますので

お付き合いいただければと思います

新幹線

まずは新幹線を乗り継いで、人生初の岩手県へ

駅弁

車内販売の「笠原流きんぴらカツサンド(790円税込)」を食べつつ終点盛岡駅へ

盛岡駅

盛岡駅と盛岡市の中心部をつないでいるのがこちらの橋。

ネーム

開運橋

歴史

1890年(明治23年)に完成した初代開運橋は

当時の岩手県知事が中心となり、私費を投じて建設したそうです

開運橋

現在の「開運橋」は三代目、1953年(昭和28年)にかけ替えられた

トラス橋にアーチ構造を用いて補強した下路ランガー形式1連を主たる構造の橋です。

花壇

「開運橋」がかかる北上川沿いには

川沿いの花

たくさんの花が植えられていてきれいです

引きの絵

ちょっと離れて見るとこんな感じ。

ライトアップ

夜も明るく照らされていました

と、言うことで今回はここまで。

ここから旅先シリーズ続きますので、次回もお付き合いくださいませ

これまでの旅先シリーズはこちらから
→ つぶやき(県外)カテゴリー
→ 県境

 

以上、総務すみでした(*^^*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 呉市倉橋町 鹿島大橋

7月18日の記事で呉市倉橋町のお食事処をご紹介しましたが、

今回はそのお食事処がある「倉橋島」のさらに南にある「鹿島」へ行ってきたので

さらっとご紹介させていただきます

「鹿島」は広島県内の有人島のなかで南端に位置する島です。

桂浜を通過し、広島県道35号音戸倉橋線を南へとずーっと進んで行き

橋へと続く上り坂をあがっていくと見えてくるのが

鹿島大橋

「鹿島大橋」

鹿島

幅はそこまで広くありませんがきれいで立派な橋です。

鹿島風景

橋のから見える景色がとてもステキでした

この「鹿島大橋」を渡って、鹿島をさらに南へと移動していくと

「鹿島段々畑」の案内を発見

段々畑案内

見逃してしまいそうなくらいそっとあります。

左へと曲がっていく道は車が通れない細い道です。

段々畑

石を積み上げて作った段々畑が見えてきました。

暑すぎる季節のせいか、残念ながら畑はこのときはお休み中でした

瀬戸内海

段々畑のすぐ下には浜辺が広がっていて、

時が止まったかのようなのんびりした空気が流れていました

春や秋にここにきたらぼ~っとして帰れなくなってしまいそうでした。

 

以上、暑すぎてあまり滞在できなかった総務すみでした(´∀`;)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 鳥取・島根 江島大橋ほか

6月に入ってしまいましたが、まだまだ引っ張る旅先シリーズ、今回はおまけ編。

前回の最後で鳥取県から岡山県入りして蒜山にやって来ました。

1鍛冶屋橋

鍛冶屋橋の欄干に謎のモニュメント。

蒜山高原に古くからお住いの『粋呑(スイトン)』という怪物さん。

ちなみに「スイトン」は人間が考えたり思ったりしていることがみんな分かるんだそうです。

2鳥取県境

そんなスイトンに出会ったばかりですが、またまた鳥取県へと戻ってきました。

3大山

大山にもだんだん近付いて来ましたが、これ以上は近付きません

4鯉のぼり

ゴールデンウィークに出かけると、あちらこちらで見かけることが出来る

鯉のぼりが空を泳ぐ景色がまた良い感じです

その後、国道181号線を米子市方面へと進んでいると川の向こう側に鬼が

5おに

けっこうな大きさにちょっと驚きましたが、後日調べてみると

「おにっ子ランド」なるテーマパークのものらしく長いすべり台などがある公園も併設されている

らしいのですが、、、、このけっこうな大きさの鬼・・・子どもたち怖くないのでしょうかね

6境港市

さて、すっかり日も暮れてしまったなか境港市までやって来ました。

7江島大橋

本当は日があるうちに来たかった「江島大橋」

某、車のCMで「ベタ踏み坂」として話題になっていた橋なのですが、、、真っ暗で見えません

8サイクリング

「江島大橋」のすぐ近くにはサイクリングコースをあらわす表示がありましたが、

9歩道

サイクリングするためには自転車は歩道ではなく車道を走らないと行けないようで

「ベタ踏み坂」のインパクトほど実際は急ではないにしてもけっこうな上り坂・・・

慣れていない人は大丈夫なんだろうかとちょっと心配になりました

10島根県入

ちなみに歩道を歩いてこの橋をわたると、

鳥取県と島根県の県境を越える瞬間をしっかり楽しめます

そんなこんなで島根県入りをしたのですが、

今度はこんなサイクリングコースの表示を発見

11ブルーライン

島根県にて「尾道まであと175km」のお知らせ

「ベタ踏み坂」手前の案内に続き、なかなかにハードルが高そうなご案内ですね~

12出雲市

ってことで、ずいぶん遅い時間に「出雲市」までやって来たあたりで今回はここまで。

 

以上、総務すみでした(*_*)ノ

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

リフォーム部のページはこちらから↓↓↓
reformtab
リフォームスタッフのブログもあります♪

ー 東京都中央区 日本橋

前回の『東京タワー編』が少し長くなったので、今回はあっさりといきます

日本銀行や東京証券取引所があり金融街のイメージがある日本橋へとやって来ました。

1日本橋

首都高速の方が目についてしまいますが、、、

19代目(20代目?)という明治44年(1911年)に完成したこの日本橋は国の重要文化財

川と橋

こうして見ると歴史を感じさせる雰囲気が確かにあります

2魚海岸跡

かつて日本橋川沿いには鮮魚や塩干魚を荷揚げする「魚海岸」があったそうです

移転問題でゆれている「築地市場」の前にはこの「日本橋魚市場」で取引が行われていたんですね。

3石碑

大正12年(1923年)の関東大震災で被害を受けるまではとても活気あふれる場所だったようです。

昔は日本橋川を利用して魚介類を運搬していたそうですが、現在は・・・

4カヤック

都会のまん中でまさかのカヤック体験が

魚市場の記念碑の他にも、日本の道路網の始点ということで「道路元標」があるのですが

4元標

写真にある記念碑の前にあるのはレプリカで、本物は道路の中央に埋まっているそうです。

鳩

といったあたりで、今回はここまで

 

以上、鳩に囲まれた総務すみでした(0゜・∀・)ノ

 

 

ポチっとお願いします☆

人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

ー 呉市中央 役所橋 工事完了

今年に入ったあたりからずっと工事中だった呉市文化ホール&呉市中央図書館前ですが

DSC_0072

先日工事が完了したようで通れるようになっていました

工事完了文化ホール

もうまわり道しなくても大丈夫です

工事完了

「橋梁改良工事」ということで路面はきれいになったところと、そうでもないところが

橋の欄干などはもちろんきれいになっています。

DSC_0077

以前の様子がこちらで↑

完成した状態がこちらです

役所橋図書館側

写真を撮る角度が違ったので少し比べ辛いですが。。。

完成

ピカピカですね

役所橋レストラン側

橋を架け替える工事を行っていることは知っていても、橋の名前を知らなかったのですが

「役所橋」という橋だったようです

 

以上、総務すみでした(*´∀`*)ノ

 

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

ー 広島市南区 猿猴橋

広島市内に行ったついでに、最近ニュースで話題になっていた場所にも寄ってみました

引きの絵

猿猴川にかかる『猿猴橋』です。

モニュメント

被爆70周年を記念する事業のうちの一つである「猿猴橋復元事業」により

大正15年に架け替えられたときに施されていた

鋳物の透かし彫りなど豪華な装飾が復元されました。

さる

戦時下の金属資源不足のため発せられた金属類回収令によって供出された装飾品もこの通り。

 

文政八年(1825年)10月6日に、京都から広島に帰省した頼山陽(らいさんよう)が

猿猴橋にさしかかった時につくった詩が紹介されていました

安芸灘大橋を渡ったあたりにある『白崎園』で紹介されている詩はこの5年後につくられたのです。

山陽

天正十七年(1589年)頃に木橋として架設され、

大正十五年(1926年)にコンクリート橋に架け替えられたということなので

夕もやの中で街灯に照らされた猿猴橋は復元された猿猴橋とは違って木橋だったようです。

猿猴橋

きれいになった猿猴橋、日が暮れたあとの様子もまた今度見てみたいものです。

広島駅前

広島駅や駅前もだんだんと変わっているので、

来年には広島の玄関口として立派な姿に生まれ変わっているのでしょうか

 

以上、総務すみでした(・∀・)ノ

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。
大之木ダイモfacebookを開く

ー 山口県熊毛郡上関町 上関大橋

お休みの日に山口県の上関へ行ってきたのでご紹介いたします

 

山口県

いつもの県境での一枚

柳井入り

柳井市入りをしてすぐに見えてくるのが、周防大島町のある大きな「屋代島」

2.5周防大島

てっきり柳井市なんだとばかり思っていましたが、大島郡周防大島町なんですね

岩国市、柳井市を通過して熊毛郡に入ると風力発電用の巨大な風車が見えてきました

風力発電

上関町入りして室津半島を南下していくと、長島とをつなぐ橋

上関橋灯台側

『上関大橋』です。

かみのせきはし

1969年(昭和44年)6月に完成したようです。

上関大橋建設

この橋の下を一日数千隻もの船が通過しているそうです。

こんなに穏やかな雰囲気なのに、そんなに多くの船が行き来しているなんて驚きでした。

上関はし引き

橋を渡ってすぐの場所には「旧・砲台跡(台場)」があります。

8砲台跡説明

砲台跡だとぱっと見てわかるようなものはありませんが、見晴らし良好

9砲台跡景観

海の景色も良かったですが、ここから見える『上関大橋』もまた素敵でした

10

橋を見るのがメインではないので、続いて目的地へと移動しましたが

またそれは次回でご紹介したいと思います

 

以上、総務すみでした(*´∀`)ノ

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

ー しまなみ海道 生口橋

引き続き『しまなみ海道』のお話です

 

この日は冬らしい寒さではあるものの、太陽が出て天気は良かったので

初詣だけではなくしまなみ海道の多島美やキラキラの海と空を堪能しました

IMG_20160110_100037

『瀬戸内しまなみ海道』

本州・広島県尾道市と四国・愛媛県今治市を全長約60kmで結ぶ架橋ルートで

新尾道大橋 - 因島大橋 - 生口橋 - 多々羅大橋 大三島橋 伯方・大島大橋 来島海峡大橋

という橋たちがそれぞれの島を結んでいます。

広島県側から3番目にあるのが「生口橋」

IMG_20160110_095200

因島と生口島をつないでいます。

因島側からブルーラインに沿って走ると、生口橋が見えてきました。

IMG_20160110_095256

一度橋の下を通って、しばらく進むと橋へのアプローチがあります。

IMG_20160110_095305

橋へのアプローチは緩やかな上りになっていて、徐々に橋の高さまで上っていきます。

IMG_20160110_095727

主径間(2つの主塔の間)に比べ側径間(主塔から陸地側)が短いアンバランスな斜張橋。

IMG_20160110_095923

因島と生口島の橋を設置する場所がどちらとも平野部が狭く、

山がすぐ迫っていた立地条件のためアンバランスになったそうです

IMG_20160110_100353

それぞれの橋に特徴や物語があるようです

 

以上、しまなみネタさらにひっぱる予定の総務すみでした(*≧m≦*)

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。
大之木ダイモfacebookを開く

ー しまなみ海道 因島大橋

年が明けたと思っていたら、気付けばもう2月に入ってしまいました。

引き続き『瀬戸内しまなみ海道』についてお付き合い下さい

前にご紹介した記事では船で生口島まで渡ってからのサイクリングだったので

「因島大橋」の紹介はしていませんでした。

因島大橋案内

「因島大橋」は『しまなみ海道』で広島側から数えて2番目にあり、

広島県尾道市の向島と因島とをつないでいるトラス桁吊り橋です。

橋と船

上部には自動車、トラス内部には2輪車(バイク・自転車)と歩行者用の

通行帯がある2層式になっています

フェンス

「しまなみサイクリングフリー」の無料措置が1年間延長されたため

現在(平成27年4月1日~平成28年3月31日)も自転車通行料は無料です

「因島大橋」の因島側から見下ろした様子です

上から店舗

橋へのアプローチはもちろん、橋の上でも歩行者は二輪車・自転車とは別になっていて安全です

自転車レーン

こちらは二輪車・自転車用

下り

こちらには階段が

階段

さらに進めば「因島大橋記念公園」や「大浜崎灯台」があったようですが、

案内図

残念ながらそちらには行っていません

今回の目的地は別の場所。

 

と、言うことでさらに続きます。

 

 

以上、総務すみでした(・∀・)ノ

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く

ー 京都府宮津市 天橋立公園

旅先シリーズ

曇り空のこちら、、、横から見るとよくわかりませんね。。。

00

こちらの写真は天橋立に行ったときのものです。

『京都府立天橋立公園 案内図』

2

言わずと知れた「日本三景」の一つです。

3

こちらは、長さ36メートルの廻旋橋(かいせんきょう)です。

IMG_20150503_144940

この写真を撮る少し前まで大勢の観光客たちがこの橋を行き来していたのですが

橋が旋回すると言うことで、橋の上には係員さん1名のみ。

IMG_20150503_145007

最初の写真と比べて、橋の角度が変わっているのがわかりますか??

離れてみるとこんな感じです。

IMG_20150503_145218

最終的には90度旋回し、この間を船が渡っていきます

今は電動ですが、かつては手動で橋を旋回させていたそうです

天橋立は、幅約20~170メートル・全長約3.6キロメートルの砂嘴(さし)でできた砂浜で、

大小約8,000本もの松が茂っている珍しい地形です。

7

自動車などは進入禁止なので、みなさん徒歩か自転車で移動されています。

自転車のレンタルを行っているお店もあるようで、自転車に乗った方も多く見られました

文珠地区から北側の府中地区へと移動してきました。

IMG_20150503_151423

写真の中央に見えているのは、『傘松公園』へと通じるリフトとケーブルカーです。

展望スポットからの絶景をぜひとも見ておくべきところ、だったのでしょうが。。。。

実は上がっていません

と言うことで、これが私の天橋立です

3-3天橋立マンホール

いつかまた。。。

 

以上、総務すみでした(ノд・。)

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く