BLOG/大之木ダイモ

ー 広島市南区 猿猴橋

広島市内に行ったついでに、最近ニュースで話題になっていた場所にも寄ってみました

引きの絵

猿猴川にかかる『猿猴橋』です。

モニュメント

被爆70周年を記念する事業のうちの一つである「猿猴橋復元事業」により

大正15年に架け替えられたときに施されていた

鋳物の透かし彫りなど豪華な装飾が復元されました。

さる

戦時下の金属資源不足のため発せられた金属類回収令によって供出された装飾品もこの通り。

 

文政八年(1825年)10月6日に、京都から広島に帰省した頼山陽(らいさんよう)が

猿猴橋にさしかかった時につくった詩が紹介されていました

安芸灘大橋を渡ったあたりにある『白崎園』で紹介されている詩はこの5年後につくられたのです。

山陽

天正十七年(1589年)頃に木橋として架設され、

大正十五年(1926年)にコンクリート橋に架け替えられたということなので

夕もやの中で街灯に照らされた猿猴橋は復元された猿猴橋とは違って木橋だったようです。

猿猴橋

きれいになった猿猴橋、日が暮れたあとの様子もまた今度見てみたいものです。

広島駅前

広島駅や駅前もだんだんと変わっているので、

来年には広島の玄関口として立派な姿に生まれ変わっているのでしょうか

 

以上、総務すみでした(・∀・)ノ

 

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。
大之木ダイモfacebookを開く