BLOG/大之木ダイモ

ー ☆大宰府天満宮

こんにちは。
今日は総務経理部の高下が大宰府天満宮へ行ってきたので、その様子をお伝えします

小学校の歴史で習ったかと思うのですが、初めに大宰府天満宮について少しおさらいを。

大宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れているそうです。

それでは出発です
大宰府駅に到着しました。
DSC_0041
晴天に恵まれ連休ということもあり大宰府駅は多くの人で賑わっていました。

本殿まで歩いて向かいます
参道には多くのお土産屋さんがありました。

手水舎で手と口を洗い清めていざ中へ!
後で知ったのですが、ここの手水鉢の中には除災延齢を意味する神亀様がいるそうです。

DSC_0043

参拝するため行列に並びます。

DSC_0047

本殿の両脇に梅の木があるのですが、残念なことに梅は咲き終わっていました
写真が無くて申し訳ないのですが、本殿向かって右側は「飛梅」と言われています。
その謂れは道真が京都から大宰府に流される際、邸宅に植えてあった梅に
「東風吹かば にほひをこせよ梅の花 主なしとて春をわすれそ」と和歌を詠むと、
梅は一夜で道真を慕って京都から大宰府まで飛んできたと伝えられています。
梅の木が空を飛んだという伝説!!
歴史って知れば知るほど面白いですね

無事に参拝を終えて、
(学問の神様なので、仕事にもご利益があるかなと仕事のことを願ってきました
境内をうろちょろしてみることにします。

あっ!
少しだけ梅が咲き残っていました。
DSC_0048

境内には大きな木がたくさんあって、とても気持ちがよかったです。
DSC_0050

歩いているとお腹が減ってきました。
近くの古民家風のお店でランチです。

ごま豆腐やなすの田楽など、やさしい味で美味しかったです。
DSC_0054

最後はお土産に名物の梅ヶ枝餅。
乾燥しないように一つずつビニールに包まれています。
帰ってオーブンで焼いてパリパリにして食べました

DSC_0058

日帰りの旅でしたが、
気持ちがリフレッシュされる
そんな旅になりました。

 


人気ブログランキングへ

大之木ダイモのfacebookもよろしくお願い致します。

大之木ダイモfacebookを開く